ネットで脅威の集客・販売方法はこれ!ダイレクトレスポンスマーケティング

どうもこんにちわ!

今回は集客や、販売方法についての紹介になります。

今の時代はネットでの販売が主流ですが、ネットは見られなければ意味をなしません。

ですので、「SEO対策」など必要になります。

そんな中、今回ご紹介したい脅威の集客・販売方法はこちらになります。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)

ご存じない方は、ぜひ読んでいただければと思います。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは

はじめに、DRMの説明を簡単に致しますと、

広告やWEBサイトなどから発信している情報を与え、興味をもってもらい、登録や問合せがあった相手に対し、直接商品やサービスを販売する手法です。

つまり、これまでの興味があるかないかわからない大衆を、ターゲットにするのではなく

何かしらアクションを起こしてくれた人にのみ、営業するという方法です。

実は昔から、日本でも通販番組などでよく用いられている方法になります!

よく「今すぐTELを」などのキャッチコピーを出し、電話番号を告知して、行動を起こしてもらうという具合ですね。

これは24時間365日休みなく、場所に限定されることもない、ネットには非常にマッチしています。

こういう手法が最近では、LINEでのサンプル商品とかのキャンペーンなど見かけますね。

よくある悩みを広告で打ち出し、その解決に至るまでを伝え、無料サンプルを配るのでこちらに登録を。

などと促すやつです!

内容はわかったけど一体なにが脅威なの・・?

これのなにが脅威?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

実はここまでで2つのメリットを獲得しています。

まず1つ目は、広告を読んでサンプルを問い合わせるくらいですから、解決策を積極的に探していますよね。

少なくともこの時点で、反応がある=興味のある人を選別できています。

見込み客を確保しているということですね!

そして2つ目は、情報や商品をもらうには必然と無料登録をするのですが、逆から見れば

違和感なく、相手の情報を得ることができるので、リストを作れてしまうんですね。

必要性を求める人のみを、リスト化するという方法が脅威なのです!

個客になるかならないかわからない1000人に営業するより、

必要性を感じている100人に営業するほうが遥かに効率的ですよね!

1.必要性を感じている見込み客のみを確保できる。

2.1の顧客の自動リスト化が行えている。
 

信頼関係を築くことができる

DRMについては理解できましたでしょうか?

ここからは、他にも脅威的な部分が隠れていますので、次のステップに移ります!

みなさんは自分の興味のあるジャンルの知りたい情報や、これこれ!と求めていた価値のあることを教えてくれる人をどう思いますか?

しかも無料で!

僕なら簡単にファンになりますね。(笑)

じつは、DRMはここまで手を伸ばすことができるのです。
 
どういうことかと言いますと、先ほど取得したリストをもとにメルマガなどで、知りたいであろう情報や
 
有益な価値のあることを伝えていきます。
 
ここでは売りたい商品やサービスについてのことではなく、信頼関係を築くことが目標とされ、
 
見込み客が今抱いてるであろう偏見・思い込み・不安などを正しく理解してもらい
 
解消するための教育を行います
 
子供に教えるようにわかりやすく、優しく、かつ自分の商品やサービスがいかに必要になるのか
 
育てていけるのです。
 
これはすでに見込み客に対して行うので、開封率も高いわけなんですね。
 
例えば、薄毛で悩んでいる方に育毛剤を売る前に、抱いてる不安や思い込みを解くために
 
有益な情報をメルマガで流していると、本当に解決したい人なら読んでしまいます。
 
そして、自分の知らない知識をどんどん教えてくれるので、ここの商品が必要になるという答えに
 
自然とたどり着くということなんです。
 

それってなんか騙してない・・?

なんか人を騙して、商品を売ってるように見えますかね?

でも決してそんなことはありません。

これが悪徳商品なら話は別ですが、実は世の中のほとんどの人は、知らず知らずのうちに

広告で商品を買っています。

この先は満足度との話が絡んでくるので、詳細は省きますが、現代は似たようなサービス

似たような商品が同じような金額で溢れていますよね?

じゃあ何で比較するのかと検索すると、情報サイトやブログなどで比較をします。

これも結局、有益な情報を提供して、ファンを作り信頼する人が言うならと購買に至るわけです。

本当に脅威・・・

1.情報を提供することで、偏見・思い込み・不安などを解消し、正しい教育を行える。

2.信頼関係を築きファンをつくることができる。

今すぐ買う理由を付け足すだけ

ここまでくれば、必要性を感じている顧客が、自分のことを信頼してくれている状態です。

いよいよ販売のフェーズになります。

確かに、いいもので信用できる人がオススメしてくれると買いたくなります。

でもお金を払う時にでてくるのが、「本当に今必要なのかな・・・?」という疑問です。

ですので、よくある「今だけ」とか「今回は限定〇〇点」とか、今買う理由を添えてあげるんですね。

そうすると、「必要だし、遅かれ早かれ買うなら今買っちゃおう!」と背中を押して上げれるんです。

こうして無事に商品やサービスを、ご購入いただけるという手法なんですね!

これまでは、営業マンがいて電話や訪問をしてニーズを拾い、

見込み客と何度も顔を合わせて信頼関係を得て、顧客の不安・思い込みを聞き

営業マンが正しい知識を伝え、刷り込んだうえで商品説明を行い、納得いただいて無事契約。

の流れを、最も効率良く無駄を省いたマーケティング手法なんです。

これはネット時代に最もマッチした手法であり、成功率が高いのでいろいろな場面で使われています。

最後に…

非常にざっくり簡単に紹介してきましたが、いかがですか?

日常生活でよく考えると、ネットはこの販売方法が意外と多いことに気が付きます!

これから目にする機会があれば、これがDRMかぁ~と

学べるところを学ぶのも1つかもしれませんね!

あらゆる分野で適用できるのも特徴な、脅威のマーケティング手法。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)

一度お試ししてみてください。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました